STAFF共愛の社員

幅広い知識が求められる設備管理の仕事ですが、先輩に教わりながら少しずつ乗り越えています。

前職では警備員をしており、同じ建物に常駐していた設備管理員の方と仲良くなったことがきっかけで設備管理に興味を持ちました。

「トイレは水漏れしていないか?」「建てつけが悪くなっているドアはないか?」「共用部の電球が切れていないか?」など、担当している建物の中を巡回しながら点検したり、電気・水道の検針をしたりするのが私の役目です。すべて問題なければ、午後には本社に戻り、緊急対応を行います。“緊急”なんて聞くと身構えてしまうかもしれませんが、水漏れやトイレ詰まりなど、巡回点検時に対応する内容と基本的には変わりません。

現在の担当物件は一件だけですが、自分が受け持っている物件だけではなく担当者が休みの物件にも対応に行きます。 今後、任される物件が増えても巡回点検や緊急時に一人で滞りなく対応できるように、仕事をしっかり覚えていきたいですね。

文字だけで覚えていたことを実践で経験することで、点と点が線になったような感覚です。

未経験からの転職だったので、事前に調べて『第二種電気工事士』『冷凍二種』『消防設備士甲種4類(甲4)』『危険物取扱者乙種4類(乙4)』『ボイラー二級』などの資格を自主的に取得しました。勉強したことを実際に目で見て経験し、技術に結び付けているところです。会社は一人ひとりのスキルに合わせたサポートをしてくれるので、「資格を持ってないし・・・」なんて不安に思わず、安心してチャレンジしてください。

分からないことがあればその場で前任の先輩に電話して聞いたり、本社に戻ってから確認したりしています。 聞けば誰でも教えてくれるので、一人で抱え込んでしまうようなことはないですね。未経験で始めてみて、この仕事に必要なのは経験よりもコミュニケーションだと実感しています。

この仕事でなら、学生時代の勉強が活かせる。そう感じたことが入社の決め手。

専門学校では電気工学について勉強していました。 設備管理に関する知識はまったくありませんでしたが、会社説明会で話を聞き、自分がこれまで学んできたことを活かせる仕事だと感じて志望しました。

新卒入社後、半年間の研修を経て配属になった場所で数年ほど勤務していましたが、昨年の春に現在の常駐先である病院に異動。 看護師さんをはじめとする従業員の方から不具合に関する依頼を受けて、その都度対応しています。

共愛エンジニヤリングならではの正社員としての働き方。

入社して何年か経ち、「他の設備も見てみたい」という思いが強くなったため会社に異動希望を出しました。会社は個人の希望にも柔軟に対応してくれます。これこそ、多数の顧客と派遣契約をしている共愛エンジニヤリングならではの、正社員としての働き方だと思います。

仕事をする上で意識しているのは、慣れた作業でもしっかり確認すること。巡回や修繕といったよくある依頼の場合も、「見落としはないか」「この手順で間違いないか」といった細かいところまできちんと確認してから対応するようにしています。コツコツと地道に仕事をすることができる人なら、きっと活躍できると思いますよ。

大変な場面もありますが、対応を終えた後は必ず「ありがとうございます」と言ってもらえる喜びがあります。同僚に相談もできるので、経験を積みながらスキルを磨いていける環境です。